上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 16:50:09 ID:cgruAwCI
ジャガー 「いきなりだが第二回KY会議を始めたいと思う」
魔人 「はい議長!」
ジャガー 「何だね炎の魔人?」
魔人 「一名前回の会議の傷を引きずっているヒトがいます」
キマイラ 「もうオレのことなんて放っておいてくれ……」
ジャガー 「ドーンッウォーリー!案ずるなキマイラ!
      今日はそんな迷える子羊(キマイラの横の顔的な意味で)なお前にスペシャルゲストを
      お呼びしているッ!レッドスネーク、カモン!」
??? 「誰がレッドスネークだ!放せー!」
ハルピ 「はーい暴れないのぉ」
ジャガー 「今日のゲストは遙か彼方のエトリアなる場所の世界樹からお越しくださった
      スノードリフトさんだ」
キマイラ 「お越しっつーか拉致に近いっすね」
スノドリ 「うがー!あたしにこんなことをすると仲間が黙っていないぞ!」
ハルピ 「はいはい。おー怖い怖ぁい」
スノドリ 「ば、馬鹿にするなー!」
スキュ 「もう、ハルピュイアさん!子供をおもちゃにしたらダメじゃないですか!」
スノドリ 「誰がこども――」
スキュ 「ごめんなさいね、怖かったでしょう?でも、泣かないなんてえらいわ」
    (スノドリの頭を撫でながら)
スノドリ 「ふ、ふん!当然だ!あたしはエトリアの世界樹では最初の門番として冒険者を
      ふるいにかけているんだからな!」
ジャガー 「うむ。今日はその最初の階層ボスとしての意見をお聞きしたく招いた所存であってだな、
      議題はズバリ『ハイラガボスに足りないもの』だ。
      エトリアに比べ我々はなにか足りないと思うのだが…どうだろうか?」
スノドリ 「ま、まあそこまで言うなら聞いてやらないこともないけどな。
      で、ここの一階層ボスはどいつなんだ?」
ジャガー 「そこの三ツ首の獣がキマイラと言って一階層ボスだ。ちなみに二階層は炎の魔人、
      三階層がスキュレー、四階層がハルピュイアで最後が俺、ジャガーノートだ」
キマイラ 「いやだから五階層は上帝が――」
ジャガー 「キマイラ、アウトー」

どこからか現れた獣王のシモベたちがキマイラの尻をひっぱたく。

キマイラ 「はおぅッ!」
スノドリ 「笑ってはいけない世界樹!?((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル」
魔人 「さすがはジャガ兄。獣王よりも獣王らしいせいでシモベたちを操れるなんて…」
キマイラ 「つつつ…。でもオレはイヤッスよ。
      こんなマヌケ面のガキに教えを請うなんてプライドが許さねー」
スノドリ 「誰がマヌケ面か!あたしには『吹雪』っていう二ツ名だってあるんだぞ!」
キマイラ 「ケッ、吹雪だか吐息だかしらねーが、テメーはこのハイラガじゃあ所詮はペットなんだよ。
      偉そうにボス面してるんじゃねー!」
スノドリ 「ぺぺぺペットぉ?あんたこそヘタレオーラ全開のくせに――
      ……あれ?あんた名前なんて言うんだったっけ?」
魔人 「もー、さっき言ってたじゃん。そいつはキマイ…キマイ…あれ?
   わたしまでわかんなくなってきちゃった」
キマイ… 「おいおい、お前までふざけんなって」
ハルピ 「お馬鹿さぁん。そいつの名前はキカイダーよぉ」
キカイダー 「ちげーよ!めっちゃ生物してますけどオレ!」
スキュ 「えと、…マンティコアさん?」
マンティコア? 「いや、似てる所ありますけど!つーかスキュレーさんまで…」
ジャガー 「はっはっは、何を言っているんだお前たち。そいつの名前はゲレゲレだろうが」
ゲレゲレ 「ダーッ!それゲーム違うってば!
      他の奴らも『そう言えばそんなのだった』みたいな顔しないで!」
ジャガー 「では第二回KY会議の結論は『一階層のボスの名前はゲレゲレ』で決定したいと思う」
四人 「異議なし」
ゲレゲレ 「そもそも議題が違うんだってば!チクショー!
      ヘタレオーラも名前忘れられるのも全部あのフロリアスのせいだー!」
スキュ 「あらあら、行ってしまいましたね。じゃあドリフトちゃん、今日はもう遅いから
    私の所に泊まっていきましょうか」
スノドリ 「いいのか!?」
魔人 「じゃあわたしも泊まるー!」
スキュ 「あらあら、それじゃあ今日はお泊まり会ね。うふふ」
 
357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 17:14:39 ID:zTUYNz03
祟りだ…フローガッシャーの祟りだ…
フローガッシャーに関わった奴の7割が名前を覚えてもらえなくなる祟りだ…


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 17:46:23 ID:1TwslNzg
スノドリがロリピコっぽいなw


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 18:27:39 ID:Yn06XzMS
魔人タンが3層行ったら大変な事になりそうだが


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 19:14:38 ID:dcPKl6Ai
寒がりスノドリたんが暖を求めて魔人たんに抱きつくわけだな。もふもふと。


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 21:36:53 ID:h1AppSPf
スノドリ 「何ここ…さむいよぉ…さむすぎるよぉお…!」だきっ
魔神 「ちょっ何、いきなり抱きついてきて…ていうか二つ名『吹雪』じゃなかったのあなた?」
スノドリ 「…わぁ、魔神姉さまってぽかぽかあったかい…」
魔神 「…(まあ、こういうのも悪くないわね)」


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 21:37:45 ID:13Qp23vw
しかしこれで本当に不憫なのは、本物の階層ボスなのに呼んでもらえない上帝(笑)かもしれない…


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 21:48:52 ID:h1AppSPf
>>364
シナリオクリア時点ではすでに故人だししかたないさ…

ヴィズルみたいに人間体で、冒険者とまともに会話してて
かつ世界樹に繋がってた設定なら妄想内での復活登場もさせやすいのにね


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:03:29 ID:wUMyCCZu
>冒険者とまともに会話
世界の半分をお前にやろう。
まともな会話じゃないか!!
ヴィズルと比べたらまぁ…な。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:05:42 ID:1TEQhFgD
上帝 「ちょwww待ってwww見逃してくれたら改造してあげるから帰ってwwwwww」

だもんなぁ


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:09:24 ID:GEh2Kaue
>>369
しかも肝心の交渉材料が、
倫理や善悪を抜きにした完全な損得勘定で見ても欠片も魅力が無いという罠


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:11:56 ID:w43Ts4QB
最大の要因はどっちも

「再戦不可」

と言う点だろうなぁ


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:15:35 ID:1TEQhFgD
まぁそれよりも
セルと幼子が・・・


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:18:16 ID:wUMyCCZu
レンツスやエスバットとはやりたかったな。
ステ強化された状態で。

>>372
セル:なんか世界樹そのもの(?)
幼子:上帝(笑)のはぢめてのずがこうさく。
この違いだな!ついでに幼子は名前も…


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 21:54:16 ID:TTJmLe8l
ここでヴィズルとバーローは恋敵説に一票


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:37:40 ID:1TwslNzg
>>366
ヴィズルとラブラブな方に上帝が横恋慕してる図しか思い浮かびません


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 22:02:45 ID:/wDqaKpt
tskr 「…むしろ、ヴィズル×バーロー」


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 23:36:19 ID:h5ZyoxkU
上帝が男だと 「アッ---」だよなぁ。


女だとしたら、パートナー(と思われる)女性研究者との百合になる(メッセージイベントあったし)。

女だとしたら、CVは柚木さん(武装練金の斗貴子)か新藤さん(SEEDのカガリ)辺りが合うかもしんない・・・


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 23:38:42 ID:bP3rJluA
>>375
 地上凄い汚れる。世界樹計画遅遅として進まず。
→計画を見限って天に逃れようとする一派と世界樹計画一派が対立。
→バーローと『彼女』、一派を率いて天空へ。ヴィズルたち残って研究続ける。
→一人一人と倒れつつ地上の浄化作戦を続けるヴィズルたちに
 『彼女』の一派が心酔する
→『彼女』たち、バーローの遺伝子改良研究の成果を持って地上へ。世界樹計画それで完成。
→バーローぐれる。ヴィズルの世界を自分の研究成果で支配しようと歪んだ執着のもと突っ走る。

こんな流れを想像した。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 23:57:49 ID:h1AppSPf
>>390
なるほどなるほど。
そういう風に解釈すれば世界樹との直接は関係なさそうなⅡの世界観も、ちょっとは繋がるかも。

世界に七本のあると噂の世界樹それぞれの最奧部には
各々の思いをもった前史の人間等が鎮座しているのだろうか…
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。