上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

279 :ガチホモ表現有 注意:2008/04/18(金) 01:12:32 ID:WTe8e/oH
@長鳴鶏の宿 いいんちょとケミ姉の部屋
いいんちょは悩んでいた。
ケミ姉長期不在の今こそ、快適な住空間を作れる最大のチャンス。
しかし、相手は『薔薇風呂をやろうとして風呂を詰まらせる』『クローゼットの中が武器庫含む魔窟』『ベッドの上と言うより、本の中で寝ている』という、ズボラが服を着たような女、ケミ姉である。
ヘタに彼女の領域に入り込めば、後で何があるかわからない。
先日、物騒な武器を無事に借りられたのも、或いはひとつの奇跡だったのかもしれない。
何日も考えていたが、いよいよ彼女のベッドから妙な匂いがし始めた為、シーツだけでも洗おうと、
まずは本の山を床に移す事にした。この程度なら、後で話せば理解してもらえるだろう。

いいんちょ 「普段、どんな本読んでんだ・・・?」
適当に取った一冊をパラパラとめくってみる。濃い絵柄の全裸の男達が、己の情熱をぶつけあっている。
おっさんパラ『あああ 爺武士殿ぉぉぉ わしゃあもう! わしゃあもう!!』
 爺武士『ぬははは ワシの天羽々斬の前には お主のバックガードなど 無いも同然よぉ!』

余りにもどぎつい内容に、後悔と共に慌ててページを閉じる。
こんな本が。恐らくは他の本も似たような内容だろう。掛け算の順番と性別の同異は別にしても。
後悔こそしたものの、本来の好奇心は抑え難く、ケミ姉不在というシチュエーションから、2冊目に手が伸びた。
いいんちょ (これはあくまでもルームメイトの趣味嗜好を知るためであって、決して・・・私は・・・)

褐バド子 「ケミ姉様いルー?! おベンキョ 教えてもらいにきたヨー!」
突然の来客に、うっかり本を掴んでしまったいいんちょ。
いいんちょ 「なななななな何かなバド子ちゃん、ケミ姉なら出かけてて、2、3日帰ってこないよ?」
掴んでしまった本を褐バド子に見せないよう気をつけながら、首だけ後に向けて答える。
褐バド子 「そナノ? ヨミカキ 教えテもらいにきたノニ。」
いいんちょ 「ヨミカキ? ・・・ああ、読み書きか。」
褐バド子 「ところデ 何 カクシテル? もしかして今日は いいんちょ ヨミカキ教えてくれるノカ?」
いいんちょ 「い、い~やいやいやいや! これは、その、違う本だ。 さっき自分で買ってきた本だよ。」
褐バド子 「そうカ そりゃザンネン!」
自分が今持っている本の正体がわからないが、ひとまず難は逃れたようだ。安堵の溜息が漏れる。
褐バド子 「でも たまにハ ちがうセンセイも いいよネ!」
溜息と共に魂まで飛んで行くかと思った。

いいんちょ 「教科書を自分で持っているなら持っていると、先に言ってくれたまえよ・・・」
褐バド子 「エヘヘ☆ しっかり忘れてター」
いいんちょ 「それを言うなら『うっかり』な。」
褐バド子 「それデ、なぜケミ姉イナイ?」
いいんちょ 「お花見に行くんだーって言って、ハイラガードへ出かけたよ。」
褐バド子 「そうカ!」
いいんちょ 「・・・・・・」
褐バド子 「・・・・・・で、『オハナミ』って 何ダ?」

褐バド子 「そうか、ケッコー面白そうだナ! いいんちょ オハナミしたいカ?」
いいんちょ 「そうだなぁ、別に嫌いじゃないし。」
褐バド子 「じゃあ、ワタシのヒミツのお花見せてアゲるヨ!」
そう言って立ち上がり、腰巻を外し始める褐バド子。
いいんちょ 「わぁ、ちょ、ちょっと待て! それは間違ってるっていうか花の意味が・・・ ・・・お?」
顔を隠した手の隙間から、文字通りバド子の花が見えた。
いいんちょ 「これは・・・ ・・・刺青・・・?」
へその下に、普段は腰巻で隠れて見えない、民族的なデザインの施された花の刺青。
褐バド子 「ワタシの部族、オトナになるとイレズミ入れるヨー! かわいいでショ?」
いいんちょ 「そういえば、ケミ姉が『バド子が仲間になったきっかけ? 買ってきた。』って言ってたな・・・。」
褐バド子 「ワタシ、ドレイとして売られるトコだった。ケミ姉様、オトコ押しのけてワタシを買ってくれたヨ。ヨミカキ・サンジュツ 教えてくれてるヨ。部族なくなったのツライけど、いい生活、感謝してル。」
いいんちょ 「そうだったのか・・・ ・・・しかし、なかなかいいデザインだな・・・」
褐バド子 「もっと見ていいヨー! いいんちょ これでオハナミするといいネ!」

(ガチャ)メディ子 「いいんちょさん、すいません、ちょっとエタノールを分けて・・・ ・・・!!」
いいんちょ 「!!」
メディ子 (赤面) 「ご、ごめんなさい・・・ ・・・ごゆっくり!!」(バタン)
いいんちょ 「ちょ、ちょっと待ってくれー! 誤解だー!」


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 01:33:08 ID:Rejrfgpm
>ベッドの上と言うより、本の中で寝ている
これはちょっと惚れる。本の内容は置いとくとしても。
そして褐バド子がケミ姉に変な言葉を教わってないか心配。
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。