上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 19:46:02 ID:tuEM02RI
俺は盗賊。虫を操り冒険者を倒して稼いでる。…また虫が倒されたようだな。その場合は毒薬入りの水をすすめるのだ。
「争うような音がしたが大丈夫かい?ところでのどは乾いてない?美味しい水があるん…」
絶句。
ヤツだ!鮮明によみがえる悪夢の拷問フルコース。生還したのが信じられない位だ。
熊「気が利くじゃねえか(ごくごく)
背を向け全速力で逃げ出す。悲鳴、だがそれきり静かに。恐る恐る振り返るとそこに熊の死体が!
まさか倒せるとは!ハッハー!死体に何度も蹴りを入れる。ザマミロ!毛皮は高く売ってやる。
熊をかついで帰る途中、異変に気付く。この熊、図体の割に軽すぎる。オマケに何かカチカチと音がする。

次の瞬間、熊は大爆発した!
ぶっ飛ぶ俺。…痛え。
この匂いはガンナーが使う火薬。俺は爆弾を背負ってたのか?
…そうか!逃げようと背を向けた時にすり代わったんだ!

熊「あーあ。ひまわりちゃんに無理言って作ってもらった特注ぬいぐるみなんだぜ。
  ギルド長かマスターで遊ぶはずだったのにな~」
推論は最も皮肉な形で証明された。
熊「逆に言うとソレ使う程体力がヤバかった訳よ」
衛士の鎧が震えのあまりガチャガチャと音をたてる。
熊「水をありがとう。美味すぎて危うくあの世行きだったわ」
鬼、悪魔、外道。形容する言葉がない。絶対それ以上だ
熊「どうも君は人生に未練が薄いようだ。自分は天国に逝けると思うかね?」
襲い来るであろう死の恐怖が、というか死そのものが俺の前に笑いながら立ちはだかった。


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 19:49:15 ID:NToD9gpe
相変わらず熊はハードボイルド一直線だなwww


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 19:49:38 ID:vFgVO++6
熊こえええええw


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 20:00:34 ID:bGLu1/19
これが元エトリア下層の悪夢の貫禄ですよ


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 11:50:01 ID:jOLdcErk
パラ子「グッ、毒が!」
ガン子「ちょっとぉ!しっかり!」
盗賊「そこを退きな!今から街は大混乱だぜ!」

桜の下であぐらをかき、俺は虫笛でサソリを操る。この国では運がなかった。
ならいっそ街の人間を全員ぶっ殺してやる。最高の気分だ!

熊「よ。ご機嫌だな?」
一気にドン底に突き落とされた。地獄の使者が横にドッカと座りこんだのだ。
盗賊「もしやあの皆様、先生の飼い主様ですか?」
鎧の間から温かい液体が流れる。何てこった、この歳で失禁とは!

熊「続けな。これで倒れるようじゃ、この先やってけないしな。」
走馬灯の如く浮かぶ恐怖と苦痛。指は震え呼吸が乱れ、笛なんて吹けない。
ガン子「きゃあ!
パラ子「しまった!
熊「やれやれ、出来の悪い飼い主だと放っとけん」
立ち上がり、のしのし歩いてゆく熊

熊「一歩でも動けば、急所を外してじっくり八つ裂き。逃げても地の果てまで追い詰める。」
…逃げなければ?俺はわずかな希望にすがる。
熊「慈悲深い俺様は苦しまない様に楽にしてやる」
一匹、また一匹と駆逐される虫。もうおしまいだ
熊「これで全部か?」
ガン子「盗賊は!……死んでる。」
パラ子「だが外傷は無い。ショック死か?」
ガン子「よっぽど恐ろしい目に遭ったのね」
熊「ピ~ピピ~♪(口笛)」


------------8<---------------------------

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 23:45:54 ID:tuEM02RI
パラ子「本気なのですか?」
ギルド長「私は職を辞する。」
ガン子「そんな…ねぇあなたも何か言いなさいよ」
辞めたいなら辞めさせてやりゃいーだろが。ちっ。最期にせめて餞別をくれてやる。

ギルド長「これを私に?」
手に握ったモノをゆっくり開く。
顔をしかめるギルド長。そして広がりゆく、腐った卵のかほり。

熊「俺様渾身の に ぎ り っ ぺ だ。寂しい夜はこれで我慢しな」
ギルド長「…今日という今日は許さん。辞める前に貴様と決着をつける!」
パラ子「二人共やめ…」
熊「すっこんでろ。男同士一対一(サシ)の勝負だ。」
マトリックスよろしくチョイチョイと挑発する。

ギルド長「私は女だ!」
女でも今回は容赦しない。それが礼儀だ。火竜戦のダメージが響いたのか、すぐに奴は倒れる。

熊「これで貸し一つだな」
ギルド長「何だと!貴様…」
黙って見守るパラ子とガン子

ギルド長「ふ…いいだろう辞めるのは貴様に貸しを返してからだ!」
パラ子「ギルド長…」
ガン子「どうやら元の鞘かしらね。」
熊「まぁ、それはそうと、トドメだ!」
倒れたギルド長の顔に尻をむけ渾身のフローラルハーブをお見舞いする。
ぷうぅ~

ギルド長「キィィっサァァっマァァァっっっ!!!」


524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 23:50:14 ID:GAMb9LVq
>>523
熊おまえ最強だwww

 
--------------------------->8------------

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 21:15:01 ID:jOLdcErk
我が名はライシュッツ。人は魔弾の銃士と呼ぶ。公宮の命により未熟な冒険者の足止めをしている。
利害の一致だ。
その日我が前に現れたのは何とも珍妙な奴だった。

ライシュッツ「…と言う訳だ。この先に進むのは諦めるがよい」
言葉が通じているのかいないのか、奴はピーナッツの袋を手に立っていた。
ピーナッツをボリボリ器用に食べながら、?と言わんばかりに首をかしげる。
つぶらな瞳。銃を向けるのが躊躇われる。だがこれは仕事だ!
バン!足元に威嚇射撃。
アーテ「爺!こんな可愛い動物さんに何て事を!」
嬢に怒られる。しかし公宮の仕事とあらば…
アーテ「飼い主さんに伝えて。この先は許可がないと入っちゃ駄目なの。」
理解したのか、コクリと頷くと我らに背を向ける。
「ゴメンね。熊さん」

そこに油断があった
…その熊は鼻の穴にピーナッツを入れ、もう片方の鼻を指で抑え弾丸のように撃ち出したのだ!
爺「グはッ!?
胸を押さえ膝をつく。ピーナッツがめり込んでいた。
熊「嬢ちゃんに免じ今回は許してやる。」
アーテ「爺!」
熊「大したことないさ。ピーナッツだし。ただ俺様は不器用でね、
狙って急所を外すような真似はしないんだぜ?」
言いたい事はこうだ。ピーナッツじゃなければ死んでたぞ。と
後ろ姿を見送りながら我は強大な敵の出現を感じた。


600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 21:26:55 ID:jJfY1vX1
クマw


------------8<---------------------------

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 01:36:47 ID:D1fqmgyq
熊「ホワットトトト!!!」
俺様にも天敵はいる。その最たるものが
リス「ウワッチャー!
コイツだ。

強力な剛腕は小さく素早い相手にかえって仇になる。
熊「ホーワッチュ!?」
マズい。懐に入られた!カンフーな蹴りが俺様のアゴに多段ヒットする!
リス「アチョチョチョチョチョチョチョ!」
ズズゥン!脳を揺らされ倒れる俺様。完敗だ…

パラ子「三戦三敗。貴公でも勝てぬ奴がいるとは」
ガン子「ちょっとぉ。また糸盗られたわよ!」
熊「痛てて…大丈夫。糸はある。」
パラ子「じゃあ、リスが盗ってったのは何だ?」
熊「俺様の怒りの導火線」

ズズゥン!向こうで爆音と煙が上がる。だが奴も樹海の生物。この程度では死ぬまい。
次こそが貴様の命日だ!


640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 01:42:06 ID:VxjBw9KF
うんうん。
リスもあれだけ高層階で普通に生存してるから、
ぜったいに強力な魔物の一体だとは思っていた。

頑張れクマ。負けるなくま。


641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 01:46:36 ID:/c0k4+Z/
野生の恐ろしさを垣間見た気がするぜ


--------------------------->8------------

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 17:05:29 ID:bqac4AJ5
僕はハイ・ラガードの衛士糸を忘れた間抜けな冒険者に糸を売っている。
暴利?とんでもない。樹海で野垂れ死ぬことに比べれば安いもんさ。
衛士「そこの冒険者さん、糸買わないか?」
いたのは冒険者ではなく無邪気な一匹の動物。ペットと言う奴か。
衛士「なーんだ。僕は金持ってない畜生なんかに用は無いよ。しっしっ」

…ソイツはどこから出したのか背広ネクタイを身に付け、皮のトランクを見せびらかした。
そしてこれまたどこから出したのか皮張りの椅子にふんぞり返って、言った。

熊「一千万エンある。」

法外な額に腰が抜ける小市民な僕。ペシペシと軽く頭を叩かれる。
それだけあったら遊んで暮らせるぞ!葉巻を吸い、煙を吐きつつ奴は言う。

熊「肩がこったなあ?」
はいッ喜んでお揉みいたしますッ!
熊「おい!踊れ。俺様を楽しませろ。」
はーいはーい♪はーいらが音頭~♪

もう恥も外聞もない。こんなやりとりを日が沈むまで繰り返した。
熊「ふぅ。お前面白い奴だな。気に入った。」
ははー。勿体ないお言葉

熊「だが、君から糸は買わん。
  この取引は無かったことにしてくれたまえ。」
言い終わるや、熊は糸を出し街に帰って行った
あまりの出来事に呆然とする僕。

パラ子「見ろ。この衛士、真っ白な灰になっている。」
ガン子「一体何があったというの?樹海は恐ろしい場所ね…」


761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 17:24:51 ID:3MouFkc+
相変わらず素晴らしい熊だね。


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 17:51:32 ID:W90hMP0R
さすが熊!
おれたちにできない事を(ry


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 18:07:14 ID:X8OOE5uC
>はーいはーい♪はーいらが音頭~♪
なんかすげぇツボったw
気が早いが今夏の公宮前広場の盆踊り大会の様子が目に浮かぶ…
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。