上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

662 :1/3 3レス失礼:2007/12/29(土) 22:29:54 ID:P55dAh33
ハイ・ラガートには「ジョヤの鐘」なる風習が残っている。
一年の締めくくりから新しい年の最初に跨って、108の鐘を鳴らすのだ。
ごーん、ごーん、と、ハイ・ラガートの街には今、大きな鐘の音が響き渡っていた。

「108の鐘を鳴らすのは、その数だけあると言う人間の煩悩を祓う為と言われていますね」

ピシリと人差し指を立てて、右手に並んで歩くガンナーの少女が解説する。
あまりにヒンヤリとしているせいで白い頬が赤くなり、口からは絶え間なく白い吐息が漏れている。
金色の長髪の下に、服とお揃いの色の青いマフラーが覗いていた。
ごーん、ごーん。鐘の音は止まない。
「ぼん、のー?」

今度は、左手に並ぶメディックの少女が声を上げた。
栗色の髪が揺れる頭を傾げ、顔をしかめて「煩悩」の語句を脳内から引きずり出そうと努力をしているようだ。

手にしたバスケットからクッキーがこぼれ落ちそうになるのには気づいていない。
指摘してやるべきか、と、2人の間を歩く青髪の青年――ソードマンの冒険者は思案したが、結局止めた。
その代わり、こっそりこぼれそうなクッキーをバスケットから抜き取って口に運ぶ。
コーティングされたビターなチョコレートの味わいに、思わず頬がほころんだ。
ごーん、ごーん。鐘の音は止まない。

ハイ・ラガート公国の大晦日。公女への新年の挨拶の為に、3人は暗い夜道の中、公宮を目指して歩いていた。
そんな道すがら、遠くから聞こえてきた鐘の音の解説を、ガンナーの少女が始めたのだ。

「煩悩……つまり、俗世のしがらみや物欲などのことです。
 昔の求道家の方々は、これらを捨て去って悟りを開く事を目標にしていたとか」
「悟り、ねぇ。ンなもん開いてどうするつもりだったのかね、そいつら」

青年はもう一つクッキーをかすめ取って口に運ぶ。
流石にメディックの少女も気づいたようで、渋い顔をして青年を見上げた。
ごーん、ごーん。鐘の音は止まない。


663 :2/3:2007/12/29(土) 22:30:30 ID:P55dAh33
「公女様へのお土産、摘まないの。
 もー、貴方の煩悩、100と8つじゃ効かないんじゃない?」
「俺の煩悩は53万です、ってか? 別にかまわねぇよ。欲を捨てるよか、欲に忠実に生きるのが信条なんでね」

メディックの少女の愚痴に、青年は笑って答え、夜空の一点を指さした。
街の建物達の向こう、夜の闇にぼんやりと浮かび上がる世界樹が、その先にある。
近代的な街並みの中に堂々と立つその巨大な樹は、端から見るとあまりにも異質であり、しかしそれ故に……ひどく好奇心を刺激される存在だった。

「あの木の上を見たいって欲を捨てるくらいなら、死んだ方がマシだよ」
「――そうですね。私達に悟りの境地は無理そうです」

青年とガンナーの少女が、共に樹の上を見つめて笑う。
メディックの少女も少し苦笑して、同じように空を見上げた。
ごーん、ごーん。鐘の音は止まない。
樹を見つめる。もはや肉眼では捕らえられぬその頂を見つめようと、懸命に3人で樹を見つめる。
上を、上を、上を見る。葉に覆われたその幹は、途中で空を覆う雲に突っ込んでいて、そこから先を目視することは出来ない。
ごーん、ごーん。鐘の音は止まない。
ふと、冷たい風が吹き抜けた。ガンナーの少女がマフラーを押さえ、メディックの少女が白衣の前を合わせて暖を取ろうとした、その瞬間。
青年は見た。風で雲が割れて、月が見えて――――その月に、巨大な『城』の影が映っているのを。

ごーん。その音を最後に、鐘の音が止んだ。

「……うしたの? ボーっとしてないで、ほら、目ぇ覚まして。ほら!」

ふと気が付くと、メディックの少女が青年の足を踏んづけていた。踵でグリグリ容赦なく。
今更のようにそれに気づいて、青年は足をかわす。そんなことにも気づかないほど、呆然としていたのだろうか。


664 :3/3:2007/12/29(土) 22:31:03 ID:P55dAh33
「どうしたの? なんか見えた?空から女の子が降ってきてるとか」
「見えるか、んなもの」

メディックの少女を軽く小突いてツッコミを入れ、青年はもう一度空を見る。
――城はもう見えない。目の錯覚だったのだろうか。
かもしれない。そうではないのかも知れない。どちらが本当なのかは分からない。
だから、ひどくワクワクした。
さあ、新しい年の始まりだ。今年こそ、いや、いつまでかかったって良い。きっと、さっき見た『城』の真実を確かめてやる。
俺が――いや、“俺達が”、必ず確かめるのだ。

「なあ、2人とも」
「はい?」「何?」

首を僅かに傾げてこちらを見てくる少女2人に向かって、青年は笑って、言った。

「あけましておめでとう。今年も、よろしくな」


668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 22:50:02 ID:Hc1ElaoB
>俺の煩悩は53万です
シリアスな流れなのは分かってるが、ここで吹かざるを得ないw


669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 22:53:02 ID:Bm36PuJU
>662
なぜか鉢巻した公女様がメリケンナックルで公宮に吊り下げられてる金を拳で叩いて
鳴らしているシーンが思い浮かんだ


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 04:00:44 ID:CXT5N3Rn
俺てっきり除夜の鐘はメディ姉か金鹿の女将さんが鳴らしてるんだと思ってたよ。
中にダク男とかが吊るされてて
主にそいつの煩悩を意識ごと吹っ飛ばすために鐘を突くんだ。


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 04:02:10 ID:I3BJfwBr
>>704
もうそれバラエティ番組のノリだよ。
 
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。