上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 10:22:19 ID:Qylq/6Up
金鹿 「あらあら、メディ姉しばらくぶりね」
メディ姉 「うふふ、ごぶさたしてたわね」
金鹿 「悪いわね、来て貰って、ちょっと一献つきあって貰おうと思ってね」
メディ姉 「あらあら、そうだったの」
金鹿 「ところで貴女も冒険を繰り返してきたのでしょう。
    当代、英雄とみなして良い人物は誰かしら」
メディ姉 「さあ誰かしら」
金鹿 「貴女の胸の中にある人物を誰でもいいからいってみなさい。
    世間で英雄と呼ばれてる人物でもいいわ」
メディ姉 「ではギルド長のガンリューなど。みずから長を名乗るほど…
      やはり英雄じゃないかしら」
金鹿 「あらあら、あれはもう生きている英雄ではないわ、塚の中の白骨。
    そのうちこの私が成り代わってみせるわ」

メディ姉 「では執政院の室長、オレルスはどうかしら」
金鹿 「あれも駄目ね、決断力がないわ。大事な時に身を惜しみ小さな利益の為に
    危険をおかす。ああいうのは英雄とはいわないわ、他には?」
メディ姉 「さあ・・・それに、そろそろおいとましなければ」
金鹿 「宴は始まったばかりよ、それに英雄論もまだ終わってないわ」
    貴女は二人の名前を挙げただけでもう天下に人物無しというのかしら」
メディ姉 「あら、あれは世間の話をいったまでよ」
金鹿 「うふふ、ならほかにもまだいるでしょう」

メディ姉 「それでは執政院の長ヴィズルは。その威勢は周辺にもおよび
      街の治め方もすぐれているとか」
金鹿 「街の治め方は小利口な部下がやっている事・・・あの人は引き篭もりがちで独善的。
    英雄とは呼べないわ」
メディ姉 「では武器屋のシリカ嬢はどうかしら」
金鹿 「シリカちゃん?そうねえ、たしかに物品の目利きは優れているわ。
    でも父の盛名をかりてじゃ、まだ小さいわ」

メディ姉 「それでは長鳴鶏の糸目はいかが」
金鹿 「あんな奴は門を守る犬よ」
メディ姉 「それなら、レンやツスクルも英雄とは言えないのかしら」
金鹿 「言えないわね、あらあら、こうして名をあげてみるとまともなのはいないわね。
    そもそも英雄とは大志を抱き、どんな時にでもそなえられる計を持ち、
    行ってはひるまず、時代に遅れず、天地の理を知り、
    万民の指揮にいどむ者でなければいけないわ」

メディ姉 「・・・いまの世にそんな人物がいるかしら」
金鹿 「いるわ、あらあら…貴女と、私よ、うふふ」

メディ姉(・・・!サクヤはそれほど私をおそれているの・・・・・・いけない!)


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 10:34:45 ID:MUVFkFyJ

ジャーン!ジャーン!ジャーン!
「げえっ、森王!」


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 13:46:08 ID:FUqgxmoD

>>311
やられたwww

雷を怖がるメディ姉は可愛いと思う。


が、やっぱり計算を感じると思う。


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 14:44:30 ID:+teIpFrz

ジャーン!ジャーン!ジャーン!
「げえっ、花びらとアルマジロ!」


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 14:47:15 ID:CQXldeH9

ジャーン!ジャーン!ジャーン!
「げえっ、また森王の角!」


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 14:48:07 ID:sjgN5nEW

ジャーン!ジャーン!ジャーン!
「げえっ、糸目値上げ!」


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:28:22 ID:CvU9GONH

>>311うまいな・・・
戯曲風というかクラシックな翻訳小説風というか。
何か元ネタあるの?


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:33:07 ID:Y9kPYsZJ

>>356
横山光輝氏の漫画 「三国志」の曹操と劉備の会話シーンだと思われ


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:41:01 ID:H6jf1mSx

曹操が劉備を酒の席に呼び、 「天下を取れる武将は誰だろう」 とその時代の有能な武将の名を挙げさせては、その都度恐るるに足らんと退ける。
その後、英雄とは…と言う語りに対し 「今の世にそんな人物が居りますか」 と返した劉備に、曹操が
「いる。君と余だ!」
と、日々農業にいそしみ爪を隠す劉備の才能を見抜く、という有名な場面。

それを受けて、君主として体勢の整っていない劉備は (今は恐れられてはいけない) と、
>>313のように雷を怖がって、自分が小物であるとアピールするシーンに続く。


ちなみに>>312のジャーンジャーン!は、横山光輝三国志に頻出する、ドラの音。
基本、奇襲を受けたとき、伏兵が現れたときに使われる。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:54:02 ID:/muCMs2e

>>359
三国志大戦でも伏兵の時に鳴るよな?
あの音が勝手に脳内で再生されていっつも笑っちまう俺は真性の変態


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:57:08 ID:+ue3HzAN

まわりにFOEがいて避けて通ろうとしたときに
ザコ敵がエンカウントしてきたときなんか
頭の中で銅鑼の音が鳴り響いたな。


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 21:57:58 ID:CvU9GONH

ありがとう。
みんなの三国志大好きって気持ちが伝わってきた。

・・・あれ? ここって何のすrくぁwせdrftgyふじこp


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 22:17:42 ID:iqAjh9x4

世界樹スレの年齢層の広さとネタ耐性の強さは異常
特にここは底知れない。
 
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。