上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

777 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/20(金) 23:22:54 ID:q75xSzSt
眼鏡「これは前時代の遊具ですね、非常に興味深い…」
シリカ「職人達に頼んで、机も作成しておいたよ」

レン「キタザキ殿、我々に用とは一体」
キタザキ「いや、第五層で興味深い物が発掘されてね。君等には、懐かしいと言った方がいいのかね?」
ツスクル「これは…麻雀…牌ね…」
キタザキ 「知っているのなら話が早い、物はあるがルールがわからなくてね。できれば教えて欲しい」
金鹿姐 「なんでも複数でやる物なんですって?酒場の片隅にでも置こうと思ってね」
レン 「別に構わないが…」

レン 「大体こんな所だが、理解できたか?」
キタザキ 「少々複雑だが、理解した」
金鹿姐 「面白そうだわ。せっかくだから、この四人でやってみない?」
レン 「ツスクルは?」
ツスクル 「私は構わないわ」

ジャラジャラジャラ
レン (そういえば、戦いに明け暮れてこういうのは久方振りだな…ふっ) トッ
ツスクル 「あ…」
金鹿姐 「ロン、ダブ東混一ドラ3。え~と跳満、でいいのかしら?」
キタザキ 「同時和了有りだったね。断ヤオ平和三色同順、7700だね」
レン 「………」
ツスクル 「ざわ……ざわ……」



カランカラン

金鹿姐 「あら?貴方達ね、久しぶり。丁度頼みたい仕事が入ったのよ。
     なんでも、この町に住んでいる剣士さんが採掘スキルを教えて欲しいんですって。
     採掘を憶えてどうするのかしらね?うふふ。」


780 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 11:36:09 ID:l4e7PzmS

>>777
むしろカイジ的展開っ・・・!


782 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 14:39:44 ID:U+klgFpa

>>777
むしろメイドとして働かされる展開に


783 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 15:55:06 ID:l6kIbMUF

>777
悪鬼のごとエトリア住人に萌えた


784 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 17:55:57 ID:ixeNWX2r

>>780>>782
つまりこういう事か

金鹿姐 「あらあら、給仕姿も様になってるわね。若いっていいわぁ」
レン (くっ…なんたる屈辱っ…!)
金鹿姐 「それじゃ、借金返すまで店の手伝いお願いね。まさか武士ともあろう方が
    反故にして逃げ出したりはしないわよね?うふふ」
ツスクル 「レン…」
レン 「わかってる、今は辛抱の時だ。金を返済するまでの・・・ぐっ・・・!」
金鹿姐 「それじゃ御二人さん、教えた通りにお願いね」

たった一晩の麻雀で莫大な借金を背負ったレン。
武士の道を叩き込まれたレンには、逃げ出すという考えが無かった。
もちろんそんなレンを見捨てるツスクルでもない。
二人は借金を返す為に、酒場の給仕娘として雇われたのだった。

レン (途中…………途中、途中、途中…そう考えることで今の私は凌いでいる
   その日その日借金を返すためだけに生きながらえる覇気の無い日々
   半ば眠っているような日々・・・くっ・・・)


カランカラン

レン・ツスクル 「お……お帰りなさいませ、ご主人様!」
メディ姉 「あらあら、よろしく。うふふ」
ツスクル 「…席にご案内します」

レン 「ご注文はお決まりでしょうか?」
メディ姉 「軽食と何か飲み物を」
レン 「かしこまりました」


788 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 01:14:41 ID:C+l/1l0f

>>784
むしろツスクルの冥土姿に興奮して鼻血出して仕事にならない氷の剣士


785 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 17:56:59 ID:ixeNWX2r

料理が出来、テーブルへと運ぶ二人、それを見て話しかけるメディ姉。

メディ姉 「まさか本当にあの二人が給仕なんかしてるとはね、驚いたわ」
レン 「……」
メディ姉 「街でも評判よ。あの名高い冒険者が酒場で働いてるって」
レン 「ご注文の品をお運び致しました。何かありましたらお呼び下さい」

話を聞こうとせず、踵を返そうとするレン。
だがメディ姉の言葉が彼女の足を止めた。

メディ姉 「借金があるんですってね。それも、莫大な」
ツスクル 「どこでそれを?」
メディ姉 「有名な貴方達ですもの、話の出所は色々とあるわ。それで貴女はどういう考え?
     ここでずっと働いて返し続けていくつもり?」
レン 「身から出た錆だ。仕方がなかろう」
メディ姉 「働いて働いて、それで貴女はいいかもしれないけど、側のおチビさんは
     どうするつもりかしら? 貴女だけの借金なのにね、あらあら」
ツスクル 「私は…」

何か言いかけたツスクルをレンは遮った。

レン 「蔑みに来たのなら笑うがいい。だがツスクルを笑うのは許さん」
メディ姉 「怖いわねぇ。安心して、私は救いの手を差し伸べに来たのよ」
レン 「救い…だと?」
メディ姉 「私のギルドで、あるパーティーがあるの。今参加者を募っているのだけど
     出てみる気は無い?ちょっとしたゲームなんだけど、上手くいけば一晩で
     2000万en。どう?一気に返せるチャンスだと思わない?」
レン 「………」
メディ姉 「もしその気があるのなら、ここに場所と時間を記したメモを置いておくわ」

そう言って料金にメモを添えて立ち上がるメディ姉。

メディ姉 「幸運の星を掴めるか否かは貴女しだいだけど、これだけは言っておくわ。
     『リスクを恐れて動かないのは冒険者じゃない』
     …あらあら、話が長くなったわね。ご馳走様、美味しかったわ、うふふ」

あとに残される二人

ツスクル 「レン、あなたが今どういう気持ちかは判る。でも感情に流されちゃ駄目」
レン 「わかっている、だがしかし…」

世界樹の迷宮・外伝 ~絶望の城~   発売日未定


786 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/21(土) 17:57:35 ID:53NXWbOr

メディ姉マジ外道


787 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 00:48:16 ID:p5nN2MUr

レンの額の傷は鉄板土下座でできたものだったのか…


789 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 01:26:37 ID:fpINGPOj

世界樹ガールズと脱衣麻雀ができると聞いて飛んで来ました
タイトルは「はげ☆雀」?それとも「SQ(セカキュー)雀」?


790 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 04:33:52 ID:NaX1KLvn

アトラス空間で麻雀バトルと申したか。

……当然敗者は魂の点棒で(検閲


791 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 10:33:29 ID:2ovaVfoJ

つまりこういう事と申したか

とある地方に「エトリア」という名の小さな街があった。
何の変哲も無いそのちいさな街は
ある年の発見を境に大陸で最も有名な都市となる。

エトリアの麻雀


エトリアの街外れで発見された前時代の遊具。
エトリアの麻雀の噂を聞いた者は老いも若きもみな
その遊戯を夢見るようになった。
富、名声、権威…。
そして何よりも、飽くなき冒険心を満足させるに足る遊戯。
それは、破滅と隣り合わせの冒険に、自らを投げ出すに値するものだった。

君はこの街の噂を聞きつけてここへとやってきた。
いま君の手元には象の牙で作った棒がある。
この棒を換金することによって、君は富を手中にする事が出来る。
君は、この点棒を増やしてもいいし、減らしてもいい。
だが、減らしたぶんだけ借金が増える事を忘れるな。
扉は開かれた、さあいこう!


カランカラン


ツスクル 「よろしく…最初の相手は私…」

最初に闘う相手は、先ほど食事を運んできた給仕娘だった。
その姿には似つかわしくない、何か張り詰めた雰囲気を持っている。
だが畏れるな、君には勇気という名の剣がある!さあいこう!


792 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 10:35:37 ID:2ovaVfoJ

ツスクル 「強いのね・・・」
シュル、と衣擦れの音がする。

ツスクルと呼ばれる少女は立ち上がり、装飾品を外した。
何回か対局を繰り返した君の懐には、開始より多くの点棒があった。
その代わり、負ける度に彼女は衣服を剥いでゆく。
よくは理解できなかったが、前時代からの「オヤクソク」なのだという。
緊張が続いた君は、一息入れるために飲み物を注文した。

レン 「お客様、飲み物をお持ちしましたばっ!
これはどういう事だろう、飲み物を運んできた給仕娘は
部屋に入ってくるなりしゃがみ込んでしまった。
片手で鼻を押さえている。その平から紅いものがこぼれ出す。
どうやら出血したらしい。

訝しがる君に、対戦相手は話しかけてきた
ツスクル 「気にしないで、いつもの事だから。あと一枚、負けないわ」
レン 「あといちま・・・ブバッ!」

とうとう倒れこんでしまった。せっかく持って来た貰った飲み物が
トマトジュースになってしまった。
これは君を動揺させる策略なのだろうか?
だが慌てるな、冒険はまだ始まったばかりなのだから!

レン 「落ち着け…素数を考えて落ち着け…2…4…6…8…10…12…」


800 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 13:43:38 ID:TBqHi9EG

>>792
全然落ち着いてねぇw



794 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 11:00:24 ID:vazesezl

>>791
カスメ装束ならばッ!!即全裸だったものをッッ!!
そう思いつつも一枚ずつ脱がしてくのもまた捨てがたいこのジレンマ

そんでアレだな、レンがやるときはツスクルは
給仕のふりしてこっそりイカサマ仕込んでいくんだ。
レンが負けるように。


795 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 11:28:57 ID:mL0roPqe

キタロー 「ロン、跳ね満」
レン 「くっ……!」
青ソド男 「よっしゃ、ついに下着だ!」
バド男 「脱ーげ! 脱ーげ!」
キタロー 「いや待て! ……今の負けはいい……その代わりこのGパンを穿いてくれ……」
青ソド男 「ば、馬鹿やろう! せっかく胸サラシまできたんだぞ!?」
キタロー 「何をいう! 素っ裸よりGパン穿いて上半身裸の方が百倍燃えるじゃないか!!」
バド男 「ええい、貴様のマニアックな性癖なんぞどうでもいい!!」


796 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 11:36:26 ID:ajau+Aep

それ何て幕張?w


798 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 12:28:31 ID:jRqt7d8h

いやそこは裸Yシャツでだな


799 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 13:13:50 ID:d/Ms1apu

聞くまでもないとは思うが、足袋ははいたままだよな?
いや念のためだ。


801 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 17:26:38 ID:A2/bZqC6

ツスクル 「ふふ…まだブラウス脱ぐところだっていうのに、耳まで真っ赤になって…。恥らうレンは激しく萌えね。
あら…もう泣き入っちゃったわ…ハァハァ。でも甘いわね、この世界、涙くらいで許されるはずはないのよ…
――っておいこのクソ冒険者!なに仏心出してんだよ!ここで止めるかフツー!!?
さてはお前ホモか?ホモなんだな!?刺すより刺される方がお好きってクチか!!!!
あーキモっまじでキモっとっとと帰れ、使えねーやつだなカスが!」


…某サイトでスノドリ漫画見てからというもの、レンを窮地に追い込んで
その様を見てハァハァするツスクルって構図が俺の頭から離れない。


793 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 10:36:47 ID:2ovaVfoJ

蛇足

君は多くの対戦相手に打ち勝ち、多くの富を手に入れた。
このまま返れば故郷に錦を飾る事も出来るだろう。
数々の勝負を終えてほっとする君に、女性が話しかけてきた。

メディ姉 「あらあらお疲れ様、凄い点棒ね、どう?もう1勝負してみない?
     勝てば更に倍増、でも負ければ只ではすまないけどね、うふふ」
君はこの先に進んでもいいし、引き返してもいい。

先へと進んだ君を待っていたのは、初老の男だった。
キタザキ 「フフ、君が対戦者かね?かけたまえ。」
君は勧められて席へと座る。

キタザキ 「たぶんそこのメディ姉からおおよその話は聞いているだろうが
     勝負前にわたしからも説明しておこう。
     わたしは以前、数百万をかけた麻雀をしていた時期がある。
     一時熱くもなったが今から考えれば手慰みもいいところ…
     わたしは今その程度ではとても物足りない、別の味を知って
     しまった、早い話…レートが変化した」

キタザキと名乗る男は、口元をニヤリと歪めて続けた。
キタザキ 「この勝負、君は血液を賭けて貰う。つまり負ければ君は死ぬのだ…」
感情を抑える事ができないのか、キタザキは身体を震わせて君に言った。

キタザキ 「こうなればそうそう安直な牌は打てまい・・・
     その張り詰めた空気…わたしは…その恐れ…恐怖を…
     見たくて…見たくて見たくて……もう…何人も…
     殺してしまったよ…………!」

ざわ…ざわ…ざわ……
最終戦、開始。


802 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 18:35:23 ID:mL0roPqe

赤ソド子 「バカな! 天和だって!?」
ブシドー 「そんなっ!?」
モリビト少女 「私は人生は博打と同じだと思っている。失礼だが……イカサマをイカサマと見抜けない方が負けなのだよ」

――グシャグシャグシャグシャハニャァァァン!?

モリビト少女 「これで早くも一人、同胞の仇を討ったことになる。……間抜けな奴だったがね。さて、どうする?」
メディ姉 「もちろん続ける」
モリビト少女 「ほう」
メディ姉 「次は赤ソド子の服を全部賭けるぜ」
モリビト少女 「GOOD!」


804 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 19:25:07 ID:STjzKLt6

もし同人ででも麻雀ゲームが出るのなら、やはり最初はギルドを組むところから始めてほしい。
セリフはプレイヤーが設定でき、試合中はぎゅわんぶらぁ自己中心派の如く、しゃべりまくってほしい。

ツスクル 「リーチ……」(SE:鈴の音)
シリカ 「これはどうかな?」
金鹿 「落ち着いていきましょ」
レン 「通れ……!」
ツスクル 「残念ね…ロン」
レン 「無念…っ!」

ああ、勿論NPCキャラのセリフを変えることも可能だ。


803 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 18:48:17 ID:QMbhBqUC

「借金なんて放っておいて逃げましょ、レン」
「しかしだな…」
「脱衣麻雀なんかで不特定多数の目にレンをさらすなんて絶対嫌。私の、レンなのに。」
「…しかし、武士に二言は無いといって…」
「仕方が無いわね。…畏れよ、我を」

 ち り ん

「!」
「さあ、行きましょう。どこか、二人で静かに暮らせる場所へ。」


805 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/04/22(日) 19:54:08 ID:9HntXXK7

このスレの流れ見た後世界樹をデータ消して1からやり直したら、B3でやけに凛々しいレンにびびった

ツスクルに逆らえなかったり金鹿女将に使われたり大変だなレン
 
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。