上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

945 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2007/03/12(月) 23:20:58 CIjmbvjA
シリカ商店では戦闘用とは別に、樹海で採れる天然の繊維を使った衣服も扱っている。
休日ともなると、街の女性たちが最新の流行目当てに店に押しかけ、普段の武具屋としての顔とは違ったシリカ嬢を見ることが出来るのだ。

「御免」
朝早く、女性客が一人入り口をくぐる。つば広の婦人帽子で顔を隠してはいるが、一目見て
「いらっしゃいませ…って、レンさんだよね」
と解る。

「ひ、人違いであろう、私は服を買いに来たのだ」
「可愛いドレスなんか着ちゃって。今日は武器はいいんですか? 新しい刀が入ったけど…」
「う、うう…」

――私がたまに女性らしい服を買いに街に来ている事、ツスクルには黙っていてくれたまえよ――そう言うとレンは帽子を取り、すっかり紅潮した貌をシリカに見せたのであった。


972 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2007/03/13(火) 12:34:01 wJXXC8sB
ツスクル 「その鞭…もらえるかな…」
シリカ 「やだなあ、ツスクルさんは鞭は装備できませんよう」
ツスクル 「バトルでさえなきゃ、私も鞭は使えるよ…」


シリカ 「何に…使うのかな」

ツスクル (次はアクセラIIIも買わなきゃ…)
 
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。