上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 21:14:48 ID:FWzRBunL
無駄に以前のネタ引きずってるから、分からない人はスルーしてね!

ケミ姉「というわけで連れて来ました姫君さんです」
姫君「あ、あの…なんで私…連れて来られたんですか?」
金バド「なんか嫌な予感がするんですけど…」
ケミ姉「取り出したるは以前使用した精神入れ替え薬の複製。じゃじゃーん!」

「ちょおおおおっと待ったああああ!」
ドタドタドタドタ!バタン!
ケミ姉「おやレン子、どうしたの?」
眼帯レン子「どうしたじゃない!その薬よこせ!」
ケミ姉「…なんで?」
レン子「元に戻るために決まってるだろ!」
ケミ姉「元に?…はて、レン子は前からレン子じゃない。何に戻るって言うのさ」
レン子「だあああああ!私は元はダークハンターだ!
   ダク男(元レン子)といいんちょに嵌められたんだ!」
ケミ姉「あー…なんかそんなことがあったような気がしないでもない」

レン子「だからその薬よこせ!」
ケミ姉「別にいいけど、あんたは元に戻っていいの?」
レン子「どういうことだ?」
ケミ姉「いやほら、彼(褐色ダク)のこととか、青ダク(元レン子)も…ねぇ?」
レン子「?…褐色ダクは別に、友達ってだけだし。青ダクがどうかしたのか?」

ケミ姉「え?知らないの?青ダクのこと」
レン子「だから何のことだ?」
ケミ姉「えーと、説明すると長くなるので、ここにこういう薬があります」
――コトン

レン子「何これ?…“飲めば誰でもロリっ娘になる薬”…うわぁ怪しさ満点…」
ケミ姉「ここで問題です。ある日、青ダクが『男でいるのが飽きた』と言って
    この薬を飲みました。さてどうなったでしょうか?」
レン子「こんなのよく飲めるな……って、青ダクが飲んだ?…どうなったの?」
ケミ姉「聞いてるのは私よ」
レン子「うーん…“ロリっ娘になる”……なったってこと?」
ケミ姉「正解!青ダクは可愛い女の子になりました!」
レン子「それは何か想像できないな…気持ち悪い」

ケミ姉「でね、あなたはどうするの?」
レン子「え?何が?」
ケミ姉「元に戻るとか言ってたじゃない」
レン子「あ!そうだ、だからその入れ替える薬渡しなさいっての!」
ケミ姉「いやだからさ、青ダクはね、こっちの薬飲んでるわけよ」
レン子「それがどうしたの?」
ケミ姉「あーもう!ちょっとは理解しなさいよ!」
レン子「だからなんなのよ!」

ケミ姉「YOUは今、女の子。青ダクも今、女の子。入れ替えても、どっちも女の子。OK?」
レン子「あれ?…私、以前男だったような…」
ケミ姉「そりゃ昔はね、青ダク(元レン子)もちょっと前まで男だったわよ」
レン子「え、なんで青ダクが女の子?」
ケミ姉「だー!人の話聞けよ!」
・・・・・
・・・

姫君「あのー…帰っていいですか?」
金バド「そうだね、ここにいてもロクなこと起きなさそうだし」
姫君「それじゃ、あの、失礼しますね」
金バド「うん、バイバイ♪」


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 21:57:34 ID:E+Q2RRZL
>>614
久々の入れ替わりレン子ktkr
ていうかケミ姉は身体:金鳥と人格:貴婦人でも目的だったのか?それとも逆なのか?
 

コメント
コメントの投稿
URL:
TEXT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。