上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 05:18:11 ID:XPoWkTDw
レンとツスクルのラブラブデート


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 08:10:01 ID:aBuiJE1W
レンとツルクルのデートは、ツルルが命ず、言動能わずを使うところから始まります


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 14:12:13 ID:t+smis+I
ツスクル「力払いの呪言。」フゥー
レン「はあぁん… って、耳に息を吹きかけるなー!」
ツスクル「レンもしてよ、息吹改。ほら、私の耳元でふ~って。」


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 14:20:56 ID:oHn2U8o5
>>551
おっきした
 
スポンサーサイト

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 19:35:40 ID:y62bgY+o
よくゲーム改造してる人いるけどさ
どうせやるならキャラの外見入れ替えて欲しいよ

ペットのグラをぺドカスメにするとかさ!ぺドカスメが傷舐めするとかさ!!ぺドカスメに庇ってもらうとかさ!!ぺド


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 19:45:52 ID:wAtXJDb9
きみたちはそっと344からはなれた。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 20:26:35 ID:XyhjfU2q
!!ああっと!!
>続きを読む

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 01:22:02 ID:YG/QdB06
翼人って卵生なん?胎生なん?どっち?


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 02:24:01 ID:A8oZk2o0
>>180
翼人♀にはおっぱいがある→哺乳性
やはり翼があるので「鳥」である→卵生

つまりカモノハシのようにタマゴから生まれて授乳する生き物じゃなかろうか。


185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 02:27:05 ID:gLnO1Wrp
翼がある=「鳥」は飛躍のしすぎではなかろうか?


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 02:48:54 ID:C339u12h
人型が卵を産むとなると

口から卵を産む→僅か数秒で炎の魔人が誕生→ソロで頑張ってたソド男が大ピンチに

という流れを想像するから困る。というわけで胎生でお願いします。


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 02:33:21 ID:FznjjqHP
ヒトが鳥類の特性を得た、と考えるべきか

するとモリビトもヒトに植物の特性を付与したと考えられ……


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 03:23:28 ID:Yq0s3iDW
>>186
ケミ姉「という事は、モリビトは光合成で栄養をまかなえる?」
ロリピコ「コーゴーセーって何だ?」
ケミ姉「お日様を浴びて、水飲んでれば、ご飯食べなくても平気ってこと。」
ロリピコ「なんだと? でも甘いものは必要だぞ!」
ケミ姉「だよね。 一緒にサクヤさんとこ行ってお菓子でも食べようか。」
ロリピコ「うむ。 今日はあの真ん中に穴の開いた奴が食べたいぞ。」
 

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 09:58:53 ID:nBNuIZZH
-いいんちょ、あのね。今日は裸でイカ触手な海の幸たっぷりのナイスバディの抱擁で
ドゴン!ドゴン!ドゴン!ドゴン!ドゴン!ってネクタルでぱぁ~んとしたんだけど
アザステ核熱どどーん!鬼力化もりーん!変化ぶぅーんぱしゃーん!跳弾!跳弾!跳弾!ってなかんじでなんとか終わって
いまはベッドのなかでいいんちょを想いよろしくやってます。

あなたのケミ姉より-


いいんちょ「この手紙…なんでこんなにひどい文章力なんだ…?」
ケミ姉の念波(ド理系ですからー)
いいんちょ「!?」


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 11:49:56 ID:Sz0LBAB/
>>622
スキュレーがナイスバディと申したか。

ししょー・ダク姉・ブシ子・メディ子・カメ子で突っ込んだ時、ししょーとダク姉が執拗にクライソウル受けたんだよ。
これはどう見ても貧乳スキュタンの巨乳への嫉妬としか見れないわけだがその辺どーよ?


628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:31:20 ID:qzwUoayo
>>623
スキュレーのが師匠よりでかくないか?
師匠ほど諸説あるキャラもいないが


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:12:46 ID:P8VRAqSI
>>623
スキュレーたんは金髪フェチという可能性もあるぞ。


626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:14:20 ID:9Xa9gQvA
あてりん「な・・・なんだってー!?」


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:13:09 ID:xPdRHuUL
ライシ「お嬢様・・・・・その髪は・・・・・」
金髪アテリン「う、うるさいわね!
     別にスキュレーに気に入って欲しくてやったんじゃないからね!
     ただの気分転換なんだからねッ!


625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 12:13:46 ID:EJIB2WFd
俺んときはやたらダク男が抱擁されてたなぁ。
あれは気に入られたからなのか、それともセクハラしようとしてキレられたのか
どっちだったんだろう。
まあどっちにしろ、潰されながらもダク男は満面の笑みだったわけだが
 

416 :思い付きにも程がある:2008/05/12(月) 01:22:00 ID:Oz/kg4iE
レンとツスクルは――何処に行っても、どんな魔物を相手にしても汗一つかくことなく駆逐してしまうものだから、世界中を行脚している今でも、経済面で困ることは無かった。

「ねえ。ツスクル」
「なあに、レン」
「私達の旅は、いつか終わるよ」
「わかってるよ、レン」

最近足を伸ばした地方では交通文化が栄えており、今も、ふたりは電気で走る列車に揺られていたところだった。
>続きを読む

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 22:34:31 ID:Ji09heyX
ここで何番煎じかわからないチェイス妄想。

ボクはエトリアの、とあるギルドに所属しているソードマン。
今、ボクは宿の部屋の中で、何をするでもなくぼんやりと座っている。
>続きを読む

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:11:47 ID:Tb3kTtwC
アテリン 「……」
スキュ 「わあ、久しぶり、元気だった?」
アテリン 「…あなた、…死んでなかったの…?」
スキュ 「え、な、なにさあ…、死んでたほうが良かったわけ? 久々の親友の再会よ? 何か言うことないの?」
アテリン 「いや、あの、…ええと、すごい強いギルドが、さあ…あなたを、ね? 殺した? ね? そうでしょ?」
スキュ 「ああ、それね。あれよ、14日ルールってやつ」

アテリン 「ん、…まあ、…いいや…。こうして、再会できたんだし」
スキュ 「でしょん? ねえ、どのくらい会っていなかったろう。あんた、全然成長してないんだねえ、背とか、乳とか」
アテリン 「いや、乳は少し成長したのよ」
スキュ 「そうか」
アテリン 「触ってみゆる?」
スキュ 「いい。降りるのメンドくさい」
アテリン 「それ、降りられるの?」
スキュ 「降りられるの。…ああ、やっぱヒマだし、降りるわ。代わりに登ってみ? 眺めいいよ、ここ」
アテリン 「…………」
スキュ 「よいしょっ」
アテリン 「…あなた、随分白くなったのね」
スキュ 「この階層での生活長かったからね。んあ、あんたそんな肌の色だっけ? 私もこんな色だったかなあ」

アテリン 「…ねえ、みんな仲間だった頃のこと…もう忘れかけてる?」
スキュ 「んー、まあ、ちょっと、ね。私が人間だった頃の名前とかね。もう思い出せない。」
アテリン 「……そう、なんだ」
スキュ 「ああ、ああ、そんなションボリしない。…泣くなってばあ。大丈夫だって、こうして意識があって、会話できるんだから」
アテリン 「…ねえ、ありがとね」
スキュ 「ん、なにが?」
アテリン 「…覚えていてくれて」
スキュ 「――ああ、あんたの顔、名前、忘れてないよ。何せ、大切な――そうそう、あんたさっき“仲間だった頃”って言ったよね? 違うからね? 今も仲間だし。ずっとこれからも、仲間だし」
アテリン 「……うん」
スキュ 「私はこうして、モンスターに成り果てて、永遠の時間を生きることになる。そのうち本当のモンスターになっちゃうかもねえ。…でも、それで、全ての言葉を忘れても、あんたの名前だけは、覚え続けているよ」
アテリン 「ありがと…」
スキュ 「いいんだよ。寒いところだけど、もうちょっとゆっくりしてき、レクルローステリン
アテリン 「――名前全然違ェ!」


669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:16:59 ID:OS0C8ccc
>>668
良い話最後でどっちらけwwww
これもフロースノヤドさんの呪いか……


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:18:22 ID:GDEQsBfi
いい話が台無しじゃん!


671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:18:49 ID:DxPQbrJI
最後のはツルツルの呪い…か?
フロバノオケさんは名前落としてたからなぁ。


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:31:45 ID:eQbDhFKO
>>668
ちょw名前戻ってなかったのかww


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 23:56:46 ID:8fo+uwbV
>>668
最後で笑かすなやwwww


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 12:06:07 ID:+vuNtZc0
アテリンさんとツスクルさんは似た匂いがするな
名前を間違えられるという意味で。


690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 12:22:06 ID:KccqfpG0
ついに名前ネタすらもアテリンにくわれたフロストガールさん涙目
 

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 00:34:36 ID:dgcxEXZR
>>201のオチ。

クルローステリン 「ちょ、ちょっとォ、勝手にやめてよ…」
フガル 「なんだか薬品の名前みたいになりました、ね…」
ツス 「いま…この時からあなたはレクルローステリン…アーテリンデであった過去は忘れるの…」
クルローステリン 「そ、そんなぁ…ていうか私の“アーデ”はどこにやっちゃったのー?」

ン 「私はいま、ちょっと、悲しい…」
ツス 「この女ザムライに全て与えて良いです」
クルローステリン 「良いですじゃなくて」
ン 「な、何をするんだツスクル!?」
ツス 「ツスだってば」
アデーン 「ええい、大して変わってないからいいだろう、というか何だ、この、アデーンって」
ツス 「いいじゃない、アデーン。ほら…ええと、ドイツ語っぽい」
フガル 「ぽい、ぽい」
アデーン 「独逸…ちょっとカッコいいな」
ツス 「ほら、気に入った。
   この人、エトリア文化しか知らないから、ヨーロッパとか、すぐ憧れちゃう」
アデーン「ビール、ビール!」
クルローステリン 「影響されやすいなあ」
フガル 「なんかお前名前長くてセリフ読みづらいから帰っていいよ」

ツスクル 「まあ、さすがにメタは反則的だし、3回もやるのもちょっとね」
アーテリンデ 「あ、戻った」
レン 「と、とりあえずツスクル」
ツスクル 「なあに」
レン 「お前の言う――名前が間違えられる気持ち――というのは、その、解らなかったんだが」
ツスクル 「いいじゃない、間違えられないなら、それで。私は楽しかったわ」

フル 「あれ、すいません誰か、ロとかスとか、えっとあと何だっけ」
アーテリンデ 「あら、名前を落としたの? ああ、…何があったっけ」
フル 「ええと、ロとか、ガとか、ヌとか…ゼもあったかな…」
アーテリンデ 「自分で忘れるか!」


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 00:41:13 ID:Rejrfgpm
テラカオスw


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 00:44:40 ID:n0z/aX+2
誰が誰だが分かってしまうところが良心的。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 00:57:41 ID:pBkKf7pu
ヌとゼはないよ!!!フロの人ーwww


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 07:13:38 ID:LXboMLEO
>>275
ツルツルとフロントガードさんの台詞がいちいちウゼェwwwwww
 

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:21:00 ID:J5HufLgj
エスバットとレンツスが手を組む妄想が止まらない俺
ライ 「わりとバランスのいいメンバーになりましたなお嬢」
アテリン 「うん。前衛二人に後衛二人。回復に多少心配が残るけど…」
レン 「まあいざとなれば私には息吹があるからどうにでもなるが、後衛が狙われた場合どうするか…」
ツスクル 「大丈夫。そんなこともあろうかと五人目を連れてきた」
アテリン 「おぉ、気が利くねツスクルは。で、誰なの?」
ツスクル 「この子…」
クロガネ 「わふー」
レン 「…もふもふ///」
アテリン 「へぇ、確かに癒し系だね」
ライ 「回復に防御、なるほど、万能ですな」
ツスクル 「一家に一匹、ペット。レンまっしぐら」
レン 「もっふもふー♪」
クロガネ 「わ、わふー?」
 
ブロウニング 「…忘れられているのには慣れているのさ!」


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:58:55 ID:Nijxpbb+
      もふもふ…
     ,,__ _ _、もふもふ…♪
    / ,"´、, ,,ヽヽ
パタ  し! /´ヽ ゙!iJ._l\
 パタ  |c*゚ -゚ノi 「__´zヽ 。oO(なつかれた…)
     | l/]]]iつつ }ー-'ヽ
(( !\ノノi={ ヲl   |ヲ.,-、\/!
   `ゞと_)__)  UJと_)シ"


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 23:42:07 ID:kWmPkBWE
>>200
まさにその編成で二週目をしている俺が通りますよ。
レンツス+ベオウルフ+エスバットで一人留守番なローテーションでやってるんだが、
クロガネが傷舐めより野生の勘優先で取ってしまったので、回復はアテりんにほぼ一任状態。おかげで彼女だけはいつも出ずっぱり。
巫術ばっかりとってるので永久機関用にととったツルツルの罪咎が腐ってしまってる。

一人だけ超ヘビーローテーションでごめんよアテりん。でもそんな苦労人な君が大好きだよ。主にエリアヒール的な意味で。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 00:37:25 ID:D3S/bGlY
>>200
>レン 「もっふもふー♪」
やばいコレだけでごはん3杯はいけるぜ
 

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 21:56:55 ID:8EhBsbHq
ツスクル 「………」
フロースガル 「……?」
ツスクル 「…………」
フリョースガル 「……何か?」

ツスクル 「………!?」
フニャースガル 「ああ、もしかして貴方、ツスクルさんでは無いですか?」
ツスクル 「え、え、ああ」
ふにょん 「数日前からハイ・ラガードで噂になっていました。
       エトリアから高名な2人組の冒険者が来ると」
ツスクル 「え、は、はい」
エビフライ 「長旅だったでしょう、この街には人のいい女将のいる宿屋があります。
        どうぞ、疲れを癒していってください」
ツスクル 「…は、はい」



レン 「ハイ・ラガードはどうだい、ツスクル?」
ツスクル 「…恐ろしい…喋っている先から名前が間違えられるなんて…
       …それも“地の文”に…」


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:00:08 ID:btFJPREV
>>196
ミルクティー吹いた


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:12:09 ID:Nijxpbb+
まさかそっちが変わっていくとは思わなかった


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:51:17 ID:S8hqH8mF
>>196
エビフライはひどいww


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:21:49 ID:8EhBsbHq
ツスクル 「名前を間違えられなくなった」
レン 「良いことだ」
ツスクル 「でも、それはそれで、寂しいよ」
レン 「寂しいか」
ツスクル 「寂しいのだ」
レン 「のだか」
ツスクル 「のだ」

レン 「私は名前を間違えられたことが無いから」
ツスクル 「文字数の問題だよ」
レン 「すまないが、その気持ちはわからないな」
ツスクル 「じゃあ、試しに名前を借りてってよ」

レツン 「…ツスクル、何をした?」
スクル 「ツスクルじゃありません。ルもあげます」
レツルン 「や、やめろ」
スク 「ここは出欠大サービス、クもあげます。ので、ンをください」
クレツル 「わあ、もう誰だかわからないじゃないか」
スン 「すん」
クレツル 「随分淡白になったじゃないか、ツスクル」
スン 「すんです、クレツルさん」
クレツル 「すんかあ」


平和だ。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:33:10 ID:pxl1dvVf
>>201
俺の紅茶返せ


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:54:20 ID:JkxkAPfe
>>196
>>201

こういうメタなギャグは大好きだ


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:57:11 ID:rFy+bK3s
>>201
呼吸困難に陥った。
シヌカトオモタヨ


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 00:37:25 ID:D3S/bGlY
>>201
>レン 「のだか」
>ツスクル 「のだ」
この2行を書き加えられるのってすげーセンスだと思う。マジ尊敬する。
 

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 20:33:58 ID:7IKbNKOp
舞台をエトリアに勝手に移行、
枯レ森で木を枯れる現象を調査していたアンジュ、モンスターに襲われ逃げ惑う中、人の姿を見かけ助けを求める。

アンジュ 「すいませんっ、冒険者の方ですかっ?」
ロリピコ 「な、なんだ、みかけないニンゲンだな!?」

まで妄想完了。

キャラスレでなら、ハイラガとエトリアの空間を容易に跳躍できるから嬉しい。
また、「枯レ森で木が枯れる現象」についての設定補完を、俺は諦めている。


832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 20:36:23 ID:lqlJ0T6g
諦めてんのかよw


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 20:43:46 ID:7IKbNKOp
いまは助けを求めた人影が貴婦人と姫君だった…で妄想中です。
>続きを読む

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 09:03:36 ID:ua4zSxpY
世界樹のふもとに位置する小国、ハイ・ラガード。
数多の冒険渦巻くその地を前にたたずみ街を見上げる、重厚な鎧兜に身を固めた影が一つ。
「遂に……遂に辿り着いたんだ。この技を、存分に揮える戦場に……!」
しばしの沈黙の後、感極まったかのような呟きがその口から漏れる。
「見ているがいい、俺を認めなかった奴らめ。その眼が節穴だった事を思い知らせてやる……!」
決意に満ちた瞳を兜の奥に隠し、彼は新しい一歩を歩み始めた――

「気の毒だが、そのままではお前をギルドに登録するわけにはいかない。身の振り方を変える決心が
ついたら、もう一度来るがいい」

「ふむ、まだ試練を受ける準備は整っておらぬのか。ならばここに用はないであろう」

「悪ぃが、何度も言ってるように公国民以外にゃ仕事は回せない決まりなんでな」

「まだ樹海には行かないのかい? いくらウチでも、お金がなけりゃ泊めちゃあげられないからね」

「正直に言うと、樹海に入って傷付く人が少ない方が、僕としては嬉しいんですよ。いえ、貴方に
失礼な事を言っているのはわかってはいるのですが」

「あ……ごめんなさい。あれからお父さんに訊いてみたんですけど……世界樹様の中で扱うには
長すぎて向かない武器なので、槍は作る気がないって」

「またか! また俺は誰からも必要とされないのか……!」
酒場の隅で彼――ランサーは、いつものように酒臭い息と共に悲憤の唸りを上げた。
その手にはエールのジョッキ。手持ちの路銀は、この一杯を最後に尽きる。
「大体、ドクトルマグスの武器はどう見たって槍じゃないか! 何だってあんな後から出てきた奴が
採用されて、1の時に候補に挙がってた俺が今回も没なんだ! おかしい、世の中おかしいぞ!」
テーブルに突っ伏して世の無常を嘆く彼を、誰も見向きはしない。いつもの事だ。
>続きを読む

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 00:37:52 ID:bUPh4yyt
うちの赤ソド男はご多分に漏れず(?)回復係に弱い。
メディ子 「あ、おかえりー。ケガしてるひとは…ソド君だけ?もー、気をつけなきゃだめだよー」
赤ソド男 「へへ、さんきゅー。ところで、ちょっと休んだら一緒に飯でも……ほぐぅっ!?」
紫カメ子 「……おちゃと、おかし……おねがい……ね……」
赤ソド男 「カシコマリマシタ」

メディ姉 「まだどこか痛む?」
赤ソド男 「いやいや、メディ姉さんのおかげでもーばっちりッス!」
メディ姉 「そう?ならいいんだけど……あ、貴方も紅茶、いかが?」
赤ソド男 「いただきまっす!……ぶわっちぃ!?」
メディ姉 「大丈夫?ちょっと待って、今氷を貰ってくるから…」
赤ソド男 「っかしーなー、俺猫舌だった覚えないんだけど……」
茶カスメ 「……(変化の呪言)」

デコソド子 「おっしょーも大変ッスねぇ……」
ガン子 「何よ、デレデレして……情けない顔」
デコソド子 「いやいや、戦ってるときはなかなか凛々しいお顔ッスよ?」
ガン子 「そんなの知って……!な、なんでもないわよ!!」

ていうか某滝川みたいな感じに見えるから脳内でかっぺーボイス
>続きを読む

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 22:40:32 ID:F4soEfQd
突然だが今、
こっそりちびスキュレーを養殖しているアテリン
という電波を受信した

「ママー」
「だぁめ、あなたは私のお姉様なんだから、ママじゃなくてアーテルって呼んで」
「ママー」
「…ま、いっか」


541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 22:46:28 ID:nRKkmq1z
ちびアルルン「ママー」
サクヤ「あらあら、困ったわねえ、またミルクかしら?」
ちびアル「ママー」
サクヤ「はいはい、ちょっと待っててね…」

・・・
ちびアル「ちゅぱちゅぱ…」
サクヤ「うふふ、こうやって赤ん坊にお乳をあげてると昔を思い出すわぁ」

ロリピコ「あー!アルルンずるい!私もサクヤのおっぱい飲むー!」
サクヤ「こらこら、ロリピコちゃんはもうお姉ちゃんでしょ?我慢しなさい」
ロリピコ「飲むー!私もおっぱい飲むー!」
サクヤ「もう、しょうがない子ね…じゃあこっちいらっしゃい」
ロリピコ「わーい♪」

・・・
ちびアル「ちゅぱちゅぱ…」
ロリピコ「ちゅぱちゅぱ…」

――――――――
>>540
こうですか?わかりません
>続きを読む

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 22:03:33 ID:yTJ6KzGX
最近ロリピコ見ないな


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 22:09:38 ID:4XPvrMIr
俺んちの庭に咲いてるよ


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 22:12:19 ID:JmUeb4S3
>>91
開花END

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 01:28:27 ID:muOuu+PK
ロリピコ 「たのもー!」
ギルド長 「ん?どうした、ここは子供の遊び場ではないぞ?」
ロリピコ 「ギルド登録とやらに来てやったぞ」
ギルド長 「登録だと?それなら大人のメンバーを連れてくることだな」
ロリピコ 「それならちゃんと、ここにいるぞ!」

貴婦人 「えーっと・・・ダークハンター?です」
姫君 「ほら、鞭持ってますよー」
ギルド長 「ふむ・・・確かに言われればダークハンターっぽいな」

デモン 「・・・アルケミストです」
オウガ 「パラディン・・・なんだな」
ギルド長 「なるほどなるほど・・・で、君は?」

ロリピコ 「え?え~っと・・・そうだ!カースメーカーだ!ほらこのチョット目つきの悪いところとか!」
ギルド長 (じー)
ロリピコ (ドキドキ)
ギルド長 「よし、承認。ギルド名は何にするんだ?」
ロリピコ 「我々はモリビトだ。だからモリビトにするぞ」
ギルド長 「よし、ギルド【モリビト】だな。頑張れよ」

フロースガル 「ちょっとまてぇーっ!そいつらどっからどう見ても魔物だろうが!!!」
ギルド長 「騒がしいぞ、フロースガノレ。公国では前歴が何者であろうと不問だ。
      それがたとえ魔物だったとしてもな」
フロースガル 「『犯罪者や偽名であろうと』だっただろう!?しかも微妙に名前間違えてるし!」

ロリピコ 「うるさいぞ、フロなんとか、そんな細かいこと気にしてると早死にするぞ。
      幸薄そうな顔してるし」
フロースガル 「ほっとけチビッ子!!」
ロリピコ 「チビッ子って言うな!」
フロースガル 「チビにチビといって何が悪い!」
ロリピコ 「ピキーッ!!」
 ・
 ・
 ・

ギルド長 「お ま え ら ・・・仕事の邪魔だから出てけーーー!!!」


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:11:40 ID:mrkA3oGd
>>811
フロースガノレ吹いたw

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 13:55:30 ID:sX3TC3PY
ⅡでもコンプしたのでⅠに戻ってFOE全種狩りリレーしていたのだが・・・
アルルーナって突然変異種なわけで、たまに狂ったように仲間を補食してしまうからモリビト達にも気味悪がられてあの部屋に捨てられたんだと妄想していたことを思い出した。

助けを呼ぶ声で人を誘い補食し、その腐肉がアルルーナの太古の呪粉と反応してあんな毒床だらけになったんだ。
徐々に狂気に呑まれていくなかで鮮明に覚えていたのはロリピコと花を摘んで遊んだ記憶で、そこにいたってようやく
(ああ、自分は人を騙すために助けを呼んでいると思っていたけど・・・あの子を呼んでいたんだ)
と気がつくわけで。
当然うちのギルドのメンバーがそれを知るはずもなく、人を喰らう悪魔として激闘の末に滅ぼしてしまった。
で、久しぶりにアルルーナのところに行ってみたら誰もいなくて、代わりにアルルーナがいた場所には毒々しい部屋に不似合いな小さく綺麗な花が一輪置いてあった・・・

何が言いたいかというと、ショートカット開いてなくて苦労してあの部屋まで行ったのに復活日数計算し忘れたってこと。
ちょっとライトニング脳天に喰らってくる


700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 13:58:11 ID:dP+4q9Y1
>不似合いな小さく綺麗な花
14日で立派に育つわけですね


701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 14:42:19 ID:hK+E1OsP
アルルーナたんならエトリアで小さな花屋さんを開いたってさ。

どこからか仕入れている様子も見られないのに、いつでも品揃えが豊富で、
店の前を通った人々は皆とり付かれた様な目をして、いつのまにか花を買ってしまうんだそうだよ。


702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 14:48:54 ID:JT7vtVda
アルルーナの花売りですね。わかります。


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 15:43:13 ID:34SX187u
>>701
その花屋はいっぱい買ったらヴァンパイアキスのサービスとかしてくれるんだよな?
テンタクルビートでもいいけど


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 15:15:23 ID:lW4bK5dv
鉢植えから生首生えてるの想像した…


704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 15:17:35 ID:QUtpJJ/4
     *,ィ'^i^ト,*
   γ((从从))ヽ
  (({ミリ゚ ヮ゚ノミ}))
   ル{ミ} ) )ミ}ルン
   [ ̄∪ ̄∪ ̄]
   |  あるる |
   |_____|
 

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 02:38:44 ID:k76f9xrM
人力車とか三輪車とか考えてたら
何か間違えたけどいいよね




665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 02:48:04 ID:PP+Cn+vo
これは正面に回らざるをえない


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 02:53:10 ID:xaUsiDzD
これは無限連発機関砲を武装せざるをえない


667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 03:05:19 ID:t+mwhy4X
しとしとぴっちゃんしながら雪山をソリで疾走せざるを得ない
 

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 13:34:30 ID:D0jNZ5QX
「あ、ツスクルさん」
「ツスクルさんおはようございます」
「ツスクルさん、チーッス」

ツスクル 「最近ようやく、町の人に名前を覚えられた…」

がちゃり

ツスクル 「ただいま…」
レン 「お帰り、ツクスル」





レン 「いたい、痛ッ、なぜ縛、なぜ突然全縛るっ?」
ツスクル 「いいの、いいのよ…レンはそのままで…」
 

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 21:45:16 ID:LNT4jsRc
コンビニでシトトなんとかパンなるものを見つけて思わず手に取ったが
よく見たらシトトではなくソフトだった。

ホント世界樹脳は地獄だぜ! フゥハハハーハァー(AAry


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 21:56:54 ID:s/w7Gfcb
>>480
袋の中に「シリカ○○」は入ってなかったか?


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 22:32:46 ID:RGSmmeDh
>>480
コンビニとかでフローラル・・・・とかいう商品名を見ただけで彼の事思い出したにも関わらず、
本当の名前は何だっけ?とかネタにつなげるのは我ながら末期的だ
>続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。